ぴよぴよぴよ日記
アフリカ行きを決めた私から、身近な人を中心に、その時々で私のしていること、思うことが伝わったらいいな。と思ってのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ごほうびの夕日
今日は自転車で30分かけて砂道を走り海を越え、近くの村まで行ってきました。
ここの先生たちは感じのいい印象で、行くのを楽しみにしていたのですが、
いったらいきなり怖そうな新しい先生が・・・! ちょっとびびる。

自転車で迷子になりながらたどり着き、ゼイゼイいってるところで、
「で。今日のプランを教えてくれる?」
おっと私が全部やるのかい。と思いつつ、歌と工作の提案。
毎回、相手がどんな事を求めてて、子どもの人数がどれくらいでというのが、いってみないとわからないから、
多少アワアワするけど、なんとなく用意しといたほうがいいものがわかってきたので、ちょっと水飲ませてなんていう余裕もあり、
落ち着いて歌の指導。用意していた歌が一人の先生が知っていたので違う歌を。

とりあえず最近困っているのは、子どもたちに私の話すウォロフ語が通じないこと。
ここはセレール族の地域だもの。先生が通訳にはいってくれてやっと授業が成り立つ。
(先生がウォロフ族だと、ウォロフも通じるし、今まではそういう園でばかり仕事してたんだけど)
でも、子どもたちのわからないなりになんとか私の言葉を聞き取ろうという真剣なまなざしに、
なるべく向き合う気持ちで頑張っています。
先生のマネをしながら少しずつセレール語も話し始めました。

私が歌を教えている間中、3人の先生は、教室からいなくなることもなく、
一生懸命盛り上げ、フォローしてくれ、歌の時間の後は、
「また明日も僕が教えるから、歌詞を写させて」と私の楽譜を取りに来てくれました。

去年研修会でPRしたかいあって、「工作がやりたい。」とリクエストに沿い、
休憩時間を奪う形で、まずは先生たちに説明。いやがらず夢中になってくれ、
「あの・・・12時になったら子どもたちと始めようね?」と
私がいうはめに。笑。あ、そうだった!って感じで工作が始まり、
無事終わり。さあ帰るぞぉ!ってところで、
「マミ、今日は何時までいれるの?部屋の飾り付けを一緒にやってほしいの」
「えーっ。おなかすいたよー。でもいいよ。あなた達が頑張るなら頑張るかー」と
残業決定。丁寧にお昼ご飯をごちそうになってしまい、
せっせと意見交換しながら、あんなのは?こんなのは?と趣向を凝らして作業開始。
私の絵が途中から気に入られ、あれもこれも描いて!な状況に。
疲れピーク。それぞれ作業を割り振ったけど、誰かがさぼりだしたら帰ろう。と
心に決め、もくもくと絵を描き、色塗りなどを割り振る。
・・・と、新しい先生が「私も絵を描いてみる!」と私の絵をマネしながら描き始める。
私が描いた物が、今年は重宝がられても、来年は捨てられちゃうんだろうな・・・。
って思ってたけど、あんまり絵を描きたがらない(実際描く機会が少なすぎてあんまり上手くない)
この国の先生たちの、いい刺激になり、見本になるなら喜んで描こう!
その後、誰もさぼることなく、4人4曲の鼻歌まじり、セレール語の歌もこのさい教わりながらの作業は、
日暮れ間近まで続き、夕日の道を4人で帰りました。

「おいしいごはんありがとうね」といったら
「そんなの!こっちこそありがとうだよ!こんなにいっぱい手伝ってもらって」と。
なんか、そういわれればそうなんだけど、珍しいこと言われた感じでとても嬉しく。
「ここの先生たちはよく頑張るね」「マミもね!」と、
彼らの家を通り過ぎ、家族にあいさつしながら、橋のところまで3人に送ってもらい、
内海のなかの橋を走り抜けながら、海がとぎれた地平線に沈む太陽を見送りながら家路についたのでした。
頑張ったごほうびだなぁ。って思える贅沢な眺めでした。
写真では伝わらないけど、すごく太陽が大きく見えた。
きっと日本に帰ってからもこの風景は思い出すと思いました。

でも、明日は絶対筋肉痛! 夕日に見とれすぎると自転車の進まなくなる、ハードな砂道30分でした。笑。
[ごほうびの夕日]の続きを読む
スポンサーサイト
希望の光?
今日は怖い園長の園の日。
泣く子どもたちをほっときなさいと怒られ、
朝から、携帯の新しい機能について1時間説明され、ぐっと我慢。
やっと飽きてくれて、体育の授業をやれといわれて、
子どもたちとめいいっぱい楽しんで授業。
同僚の先生が体調悪いのに出てきてくれたのが嬉しかった。
しばらくしたらめずらしく、園長がでてきて、
この国の遊びを子どもたちと遊びながら教えてくれた。
楽しい雰囲気で、この人も子どもたちを笑顔にできるんだなぁ。と。
そんな時間を持てたことがなんとも嬉しかった。
こんなこといままでなかったもの。
その後はつかれちゃって、イライラして近寄りたくないほど怖かったし、
新しくできたお店を教えてあげるから、ついてきなさい。
と、子どもがまだいるのにおいといて連れ回され、やっぱりがっくりはするんだけど、
一つ一つに、自分の思う正しいで目くじらたてずに、
とりあえずおいといて、楽しい保育ができるならそれもよし。
そういうことにするのです。
この人は権力を持ったこどもなのです。
彼女をいい方向に誘導できるように私が大人になるのです。
(そりゃ、ちゃんと話し合ってぶつかり合うのが一番いいけどさ。そこまでのエネルギーがどうにも私にはないよ)
巡回がはじまって、体力的には疲れるけど、心が疲れにくくなりました。
少しゆとりができた感じ。

今日は、もしかしたらこの人を好きになれるかもという
希望の光の差した1日でした。
人との距離を適切に取るって大事だねぇ。
お別れ会
26日も高校の友達4人。結婚式ぶりに集合して新宿でオール。次の日仕事の子も。前の日寝てない子も。妊婦さんも。(笑)。名残惜しんでくれました。
高校時代の交換日記読んで大笑い。
プレゼント交換でしんみり。
95年付近カラオケに盛り上がり。
このメンバーでたくさん笑ったなぁ。と。
3年後も笑っていたいな。と。
暖かい気持ちになりました。

28日はキャッチボール部のメンバーと。
生まれて初めての胴上げを某公園で体験。
たくさんの人がきてくれて。
時間のない中、都合つけてきてくれたりして。
思いがけずステキなプレゼントをたくさんもらって。
(ずっとほしがってた蚊帳まで!!)
夜景のきれいなお店で、東京らしい夜景も満喫したし。
おいしい、楽しいお酒も飲めた。
終電ギリギリまでつきあってくれたみんなの気持ちがうれしかったし。
ほんの少ししか在籍してなかったのにこんなに送り出してもらえるなんて思いもよらず。
輪の真ん中に入れてもらって順番にみんなとキャッチボールした動画をみてたらやっぱりよっと泣けてきた。

こんな2ヶ月弱短い間にこんな友達が作れた自分をほめてあげることにする!(笑)。これから出会う人たちとも、きっとこんな仲間になれるはず!
そう思って、訓練がんばるぞー!
P8290001.jpg

お見舞いとお墓参り
今日は午前中からおじさんのお見舞いに。
血糖値が注射打たなきゃ行けない数値より3だけ高くって、看護婦さんに値切りたそうにしてましたよ。おじさま。
パジャマ姿でもダンディーなのに。
思わず笑っちゃったってば。

でも、私が海外に行くことを聞いて、
弱気発言をぽろっと。

手術が前で不安なんだろうな。
でもお話できてよかった。

****************************

その足で、今日はおじいちゃんの8回忌だったのでお墓参りに。
おじいちゃんのお墓は高台の上にあって、いい風がふきます。
空があんまりきれいで、写真を撮りたくなりましたが、墓地なのでさすがにやめときました。

先月、母方のお墓も行けたし、父方も行けたし。
行ってきますの挨拶は、おばあちゃんにもおじいちゃんにもできた感じ。

気合いもはいります
幼稚園に出勤2
アルバイトとして出勤2日目。
すっかりなじんでる自分がなんだか不思議です。

友達に「離れてみて恋しくなる仕事が天職だと思う。
お互いいい仕事にめぐり合えてよかったと 思うことにしよう。
時々忙しさで泣きたいけどね」といわれました。

確かに・・・恋しいが、天職だったのか・・・。
それは自覚にないところだったよ。ホントに??

今日が終わると、園に行くこともなく、合宿訓練へ。
順調にいくと、そのまま2年海外へ。
考えてみたら、3月の終わりに、もう私の机も教室も、ロッカーもなくなって、後輩のものになって。来ることはあってもお客さん?として来るしかないんだろうなぁ。って。荷物をまとめてお嫁に行くような気持ちで、幼稚園をでて4ヶ月。
こうやって2日でも働けるのはなんだか感慨深い。

4ヶ月たっても私の場所と感じられるのは、受け入れてくれる人がいるからだね。2年後はどうだろう?って考えるとなんだか寂しい。

自分なりに元気にお別れをしてきたつもりだけど、
いつもより少し足をとめて、話をしていってくれたママ達の気遣いがとても嬉しかった。

園を出るために踏み出す一歩が少し重く感じた。

20050804233708.jpg

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved