ぴよぴよぴよ日記
アフリカ行きを決めた私から、身近な人を中心に、その時々で私のしていること、思うことが伝わったらいいな。と思ってのブログです。
201707<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201709
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
1年
半月近く首都で過ごしてました。
書きたいことはいっぱいですが、うーんどれからだろう。

まずは、12月のはじめに先輩たちが日本へ帰っていきました。
うーん寂しい!私にとってあたたかい人たちでした。

たくさん聞いてもらったし、一緒に旅もしたし、
身近で、ちょっとあこがれた先輩たちでした。

自分がここにいる時間は半分を切ったのを実感する出来事でもありました。

長く首都にいるのはよくあることですが、
はじめて、早く任地に帰りたいなー。と思いました。
1年ってすごいと思いました。

帰ってきたら、同僚が笑顔で会いに来てくれて、
その子どもが、自分のおやつのピーナツを
「マミ、ピーナツだよ。ほら。もういい?もっと?」と
分けてくれたり。
教え子に「明日はくるの?ホント?もういつもこないからな。おかーさーん。マミ先生、明日は幼稚園くるんだってー。明日はちゃんと、僕たちに教えに来てよ」と
念をおされたり。

うーん。迎えてくれる人がいるっていいなー。

首都では、1年報告会。所長面接などもありましたが、
所長にも、明るくなったね。と、いわれました。
悩みは尽きないけれど、うん、やっと自分の居場所ができてきた感じ。
1年よく頑張りました。
スポンサーサイト
6kg
こっちにきたときの体重ー最近の体重=6キロ

うーん。やせました。
太る事がお金があって幸せのしるし、みたいなこの国では
太れば喜ばれるけど、痩せるとがっかりされます。
「サ ホンディ ジャハナ」
と、同僚にさびしげに言われました。
「あなたのおしりがおわった」って感じですが、
「ジャイ ホンデ」といえばおおきなおしりのこと
女性の大事なアピールポイントとして、
ジャイホンデは喜ばれます。
大きいお尻は日本人的にはイヤですが、
おわったといわれると、なんだかイヤだなぁ。

最近は、顔は知ってるけど名前は知らないような人まで、
「マミ。痩せたぞ。病気か?この国はマミにとってそんなにダメか?」
と、残念そうに心配してくれます。
体は別になんともないんですが、、、、。

そんなにがっかりされると申し訳なく、
みんなで寄ってたかって心配されて、
この国の人達の暖かさをかみしめてみたり。

とはいえ、ほんとに具合悪かったら、歩いててこんなに呼び止められたら、怒ってしまいそう。

※最近サーバーの不調で、せっかくの日記とコメントがごっそり消えてしまいました。かなしい。。。時間があれば、バックアップをとってあるものは修復したいですが、、、せっかくのコメントが、、、残念。がっかりです。
70人?!
出発まで、かなりバタバタ表敬訪問にいったり、親戚に挨拶回りがあったり、会いに行けなくてもせめて電話をしたり。それでもまだまだ時間が足りない・・・。

そんな中金曜日はとっても嬉しい出来事が!
勤めていた幼稚園のママたちによる私のための壮行会!!

言い出したのは火曜日。急なことだったのに。
幹事をひきうけてくれたママがいて、ヘロヘロになりながらもたくさんの人に(現2年生の学年まで)声をかけてくれて。

集まった人数、時間がない中顔だけだしにきてくれたママたちも含めたらたぶん80名弱!!!

おっきなそしてとってもきれいな花束をもらって。全員とは話せなかったけれどママたちとも楽しく話し、久々の子どもたちのパワーにすっごく元気をもらった気分
(とかいいつつ、風邪悪化で熱を出してしまった私。ダメダメ)
しっかりお礼もいえたようないえなかったような。

心のこもったプレゼントやお手紙もいただき、宝物が増えました。
この回は忘れられないな。
ちょっと前のできごと
10月19日
「地球のステージ」という途上国のスライド。映像と音楽。
ボランティアとして各国を渡り歩いているお医者さんの語り手が、どうしてそういう道を選んだのか。どうやってそんな風に気持ちが動いていったのかを優しい語り口調で話すのを聞きながら、豊かとは言い難い環境で、めいいいっぱい笑う子どもたちの写真をみながら。
私は何人かのようにこれを見て涙はでてこないけれど。
ああ。これを見てこれを聞いて何とも思わない人もいるだろうけど、私はこれで胸が熱くなるからここにいるんだな。と納得。
はやく。はやく。現地に飛んでいって、子どもたちとふれあいたくなった1日。
こういうのを日本の小学生・中学生・高校生にみせてあげたいな。

10月20日
朝から5時まで所外活動で、地域の人のおうちに行って山にある、ハーブ園の撤去作業。穴掘って取った草埋めて、おうちのおばさんと話をして。
かなり人生相談めいたリアルな身の上話を聞いてしまい、カウンセラーの様にひたすら相づちをうちながら聞いていたら、活動メンバーのみんなにすばらしかったとほめられました。思わぬところで得した気分。
作業はかなり力仕事でつなぎにスコップ黒長靴!これはこれで貴重な地域貢献の1日。


20051104205251.jpg


10月21日
任国事情3。セネガル専門家の方から、いろいろセネガル情報をゲット。私の話す現地語セレール語は、中国語のように、声調があって難しいらしい。とか。セネガルでも南の私が住むあたりは、北に比べれば断然雨が降るらしいとか。いろいろ聞けて良かったです。
辞退
土曜日に2人目の辞退者がでました。
なんと、我が8班の班員。
残念でしかたない。

体調もしばらくくずしてて心配してたけど、
かなりびっくりしました。

お手紙でも書こうかな。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved