ぴよぴよぴよ日記
アフリカ行きを決めた私から、身近な人を中心に、その時々で私のしていること、思うことが伝わったらいいな。と思ってのブログです。
200506<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200508
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
プールのはずが
給食

今日は、幼稚園にプールのお手伝いに・・・。
のハズが、気温水温があがりきらず中止に。

せっかく園に行ったので子供達と午前中いっぱい遊んできました。
人口の川のある公園で水遊びをしたり、一緒に給食をたべたり。

かなり楽しかったですが、帰り際、
夏休み中また顔を出す予定ではあるものの、長期お休みをとる子もいるので、だっこしながらしばらく会えないかもしれない子供達と一人ずつあいさつしていたところ。

なんか涙目だぞと思ってたらだっこしたとたんに、去年担任をもってた子が、わんわん泣き出してしまい。
他の子も泣かないように頑張りすぎて笑顔ゆがんじゃってたり。
「だっこもういい」っていってふざけてジャンプしながら庭の隅行って、目元ゴシゴシしてたり。

私まで思わずもらい泣き。

でも誰も「行かないで」とは言わないの。
「先生はこれから違う国の幼稚園の先生になろうと思う。
地球の中にはみんながいる日本みたいに、ちゃんとごはんがたくさん食べれて、絵を描いたり・・・・・・・・・できる国ばっかりじゃないんだよ。先生はこれからそういう国に行って少しでもたくさんの子供達がみんなみたいに優しくて素敵なにこにこ顔になるように、頑張る。みんなと少し離れることは寂しいけど、先生はアフリカの子達に日本にはこんな素敵な子達がいますよ。って自慢しちゃうからね。だから、みんなも先生が戻ってくる頃には必ず今よりももっとかっこいいお兄さんお姉さんになっているようにがんばっていてね」って 卒園式にした話をどれだけ覚えているかはわからないけど。
(いや私もどんな風に話したかは覚えていないけど、こんなようなことを話したつもり)
みんな、私の「先生も頑張るから頑張るのよ」の問いかけに、凛々しく深く頷いてくれたのが印象的でした。

泣きやんで「先生も頑張ってね」っていってくれて
でも、私が手を振ってみえなくなったとたんに、また泣き崩れた子がいたとかいないとか。

「またきてねー!」「ぜったいきてねー!!」
私が見えなくなってからも繰り返し声を張り上げて、しばらく歩いても聞こえてた子供達の声に、なんだかすごく感動してしまったのでした。
スポンサーサイト
路上デビュー☆
7月11日

ついに手元に仮免許が!
学校の外をブブンブンブンと走ってきました。
「スピードはこわくないみたいだね。
でもハンドル戻すの遅れないことと、急ブレーキを踏まないこと。
あとは、ラインからはみ出ることにもっと恐怖心を持って下さい」
とのこと。そうよね。前からブンブン車きてるのにはみ出ちゃだめよね。。。(苦笑)

横断歩道で人ひきそうになったり、
急ブレーキで、後ろの人びびらせたりしつつ。
環八も中原街道も頑張った。これからは目黒通りも走ります。
友達の家巡りみたいでした。ちょっと楽しいかも。
そして元教え子達をひかないよう気をつけます。。。

今日は 学科3時間と技能3時間さらに原付も休憩無しで頑張った!

学科は残り11時間。技能は15時間。

もうすぐ楽しい夏休み。
楽しいプランもいっぱいなのに
こんなに貧乏じゃダメだー!!
そろそろ、早く教習終わらせてバイトもがっつりするために頑張って通います。


ちなみに原付の技能。こっちも方が、10倍楽しい・・・・。
二輪免許時間とお金があれば取りたかったなぁ。

キャッチボール部
まさかまさか。
私がキャッチボールデビューすることになるとは。
大人の部活動に参加してきました。

公園に行きたい気分だったので、代々木公園にいるはずのお友達と連絡を取って、急に参加しちゃったんだけど。集まってた11人みんなフレンドリーでいい汗もかき、かなり充実の一日でした

めっきり球技が苦手な体育10段階評定で2の私だから
(子ども達とドッジボールをしてもすぐ当てられちゃう私。。トホホ)
まったり見物のつもりが、メンバーの楽しそうな様子と
優しそうな感じに甘えてみようということで、
代々木公園でキャッチボールデビュー♪
グローブも貸してもらって「パシ」って音が気持ちいい~
かなり楽しかった。

そして、アメリカンクラッカー。
ひょんなことから、メンバーからピカピカ光る、いいアメクラGet!!カチコチかなりはまった!地味にハードな遊びでした。

なんか全然経験のないことだから、ちょっとやっただけで上手くなっていく感じがするし(みんなは褒め育ててくれるし 笑)、やっぱり大人になってからも、何か新しいことを始めるのっていいな♪と改めて思いました。

仮免とったぞ!
7月9日
仮免とったぞ!
イヤ。。。いばれるはなしでも、なんでもないですが。

でも通い始めて1ヶ月。やっと取れたよ仮免許。
免許保持者のいない我が家では、恥ずかしいくらい褒め称えられました。(笑)

冷静に考えて、このペースだと、取り終われるのは旅立つギリギリだけど、ちょっとやる気出して頑張ります。

それにしても、エンジンはかけられないわ、セカンドに入れっぱなしで走り続けちゃったわ、ウインカー時々出し忘れるわ。。。
 良く受かったよ ホントに(苦笑)。


七夕に納涼船
に、乗るはずが。うっかり乗り遅れました。
(1分遅れ おしい! 泣)
浴衣で行けば¥1000引きということだったので、
浴衣まできていったのに。あ~あ。
うっかり話し込み失敗(←ばか)

仕方がないので、友達とまったりとお台場散歩してきました。
白い浴衣をおろしました。浴衣って言うか夏物の着物なんだけど、
安く良い帯が見つからないので、浴衣帯で着て足下もカジュアルに。
なんて。ちょっとおしゃれしたつもりが、
ちょっとおばけっぽい!!(笑)
やっぱり白は難しいね。
広尾の事務所へ
7月4日

ひょんなところから知り合った、同じ隊次で同じ訓練所にいく仲間2人と、広尾の訓練所へ。(訓練前にこの2人に会えたのはよかった。30代で協力隊を決意した、頼れるお兄さん達です。)以前同じ国にいった先輩隊員の報告書を見に行ってきました。

図書館で資料見て、クロスロード6月号のセネガル特集も買ってきました。
http://www.jica.go.jp/jicapark/crossroad/0506/index.html

セネガルの地図もみせてもらって、やっと行く村の位置を把握できました。思ったより海の方でした。
魚が食べられる!でも、蚊も多そう。

私が行く任地のあたりは、医療隊員が何度か派遣されているようですが、教員隊員の派遣は今までないようです。
(でも小学校に派遣された先生の報告書に目を通すと、現地では、語学や数学に力はいれても、情操教育に関するところはすごく不足していて、楽器もえんぴつも手に入りづらく、一クラスの人数も多くて時には体罰も当たり前とのこと。幼稚園の方は、やはり裕福な家庭の子がくるので、フランス語を教えたり、お勉強的な面も多いようです。)

とはいっても医療隊員のかたの報告書をみると、「不毛の地」といわれる州の中の 唯一のオアシスといわれる、水道はなくとも、食べ物のお店もあるような村に住めるようです。ちょっとほっとしました。

3人でワイワイ資料や訓練所アルバムなど見れて、かなりなんだか得した気分。
結婚式
6月下旬。東京プリンスで友達の結婚式がありました。

友達第1号の結婚式はやっぱり泣いちゃいました。
私が送り出すわけではないのに(笑)。

スピーチの大役もどうにか無事終了。
スピーチの途中、新婦が泣き始めたのをみちゃったら
私ももうこらえるのに必死。。。
席に帰ったら、他の友達も泣いてた。
新婦の妹もママも泣いちゃってた。
スラスラとは話せなかったけど、
いいスピーチだったよなんて声掛けてもらったり。
成功といえるかな(笑)

新婦からの母への手紙は、周りにかまわず号泣。
彼女にしかわからない苦労とママへのねぎらいの言葉。
ホテルのお兄さんまでコソっと涙を拭いてたくらい、
感謝とこれから妻となり母となる決意が伝わりました。
今まで辛いこともあった彼女だから、ホントに幸せになってほしいな。

なんか友達の結婚式に出て、私もすっごく結婚したくなるかな?と思ってたけど、意外と、対象相手もいないせいか、私は私のやるべきことをやるぞって、エネルギーになったかも。
保育参観
今日は3月までの勤め先の幼稚園の保育参観に行ってきました。
まだ3ヶ月なのに懐かしい!!

ママ達は変わらない笑顔で、声をかけてくれるし。
子供たちは、以前よりほんの少し大人びた顔を見せてくれた。

ひとつひとつの声かけに、一喜一憂して、めいいっぱい嬉しそうな顔をみせてくれる子供たち。当たり前に自分が産んだ子ではないけど、こうやって私がそばに寄ってちょっと声をかけるだけで、やる気満々になってくれたりすると、子供達との間にできた、信頼関係っていうか友情っていうか、そういうものに、なんかすっごい感動しちゃう。

私は正直なところ子供が好きだと特別思ったことはなかったし。
なんとなく選んだ職業で、自分がこれだけ続けられるとも思ってなかったんだけど、子供達がこんな私でも頼りにして、よりどころにして頑張ってる!ってそんな感覚に助けられながら続けてこれたのかな。この子達と乗り越えてきたひとつひとつが今の私を作ってくれたんだと思うと仲間というか同志というか、やっぱりこの子達は私の宝物だなと思う。退職する頃は、ママ達にこんな気持ちを持ったけれど、今日は子供達へのいとおしさをこっそり噛みしめてきました。

先生を始めた頃はおそるおそるしか子供達に近づけなかった私が、
今日のように、初めて会う4月からの入園児とも仲良くなれる日はこの5年がなかったら、あり得なかったはず。
今まで巡り会ってきた子供達に感謝。
そして巡り合わせてくれた環境にも感謝。

この幼稚園の先生としての5年間は、本当にそれまでの私になかったものを得ることのできた、充実した5年だったのだと、離れてみて改めて思う。そう思わせてくれた1日だった。
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved