ぴよぴよぴよ日記
アフリカ行きを決めた私から、身近な人を中心に、その時々で私のしていること、思うことが伝わったらいいな。と思ってのブログです。
201806<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201808
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
1年
半月近く首都で過ごしてました。
書きたいことはいっぱいですが、うーんどれからだろう。

まずは、12月のはじめに先輩たちが日本へ帰っていきました。
うーん寂しい!私にとってあたたかい人たちでした。

たくさん聞いてもらったし、一緒に旅もしたし、
身近で、ちょっとあこがれた先輩たちでした。

自分がここにいる時間は半分を切ったのを実感する出来事でもありました。

長く首都にいるのはよくあることですが、
はじめて、早く任地に帰りたいなー。と思いました。
1年ってすごいと思いました。

帰ってきたら、同僚が笑顔で会いに来てくれて、
その子どもが、自分のおやつのピーナツを
「マミ、ピーナツだよ。ほら。もういい?もっと?」と
分けてくれたり。
教え子に「明日はくるの?ホント?もういつもこないからな。おかーさーん。マミ先生、明日は幼稚園くるんだってー。明日はちゃんと、僕たちに教えに来てよ」と
念をおされたり。

うーん。迎えてくれる人がいるっていいなー。

首都では、1年報告会。所長面接などもありましたが、
所長にも、明るくなったね。と、いわれました。
悩みは尽きないけれど、うん、やっと自分の居場所ができてきた感じ。
1年よく頑張りました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
いいね!迎えてくれる人達に囲まれて!
俺も、なかなかいい人達に囲まれてるよ!
2006/12/21(木) 03:40:26 | URL | てっつぁん #-[ 編集]
コメントを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved